女の人

砂利を敷き詰めて得られる効果とは|防犯対策に一役買う

一石二鳥の効果です

防犯

自宅の庭や家の周りにきちんと砂利を敷いて使うことは、防犯上の効果が期待できるだけではなく景観の美化にも貢献します。砂利の大きさや種類は非常に多くありますので、必要なら専門の業者を頼ってみても良いと思います。

専用のものを利用

家

音を確認しましょう

近年、空き巣の被害は増加傾向にあることから、自分の自宅は自分で守るという意識が高まっています。そんな中、ホームセキュリティーや鍵の施錠などに加えて、一戸建て住宅で有効とされているのが防犯砂利です。防犯砂利を敷き詰めておくことによって、侵入者を予め牽制することができるのが特徴です。ホームセンターなどで購入することができる防犯砂利は、踏みしめることで音が大きくなるため、家の周りに敷き詰めると防犯性を高めることができるのです。防犯砂利を敷いている家とそうではない家とでは、敷いている家のほうが空き巣に狙われにくい傾向にあるのです。犯罪者は音がなることをとても嫌う性質のため、防犯砂利は効果があると言えます。ホームセンターでは色や大きさ、形など様々な形状のものが販売されているため、敷き詰める場所にあったものを選択しましょう。見た目に美しい色の防犯砂利も販売されているため、ガーデニングなどの邪魔にならずに敷くことができます。防犯砂利を敷く際には、しっかりと除草をしたり、除草防止のシートを敷いた上に敷きましょう。こうすることで、雑草が砂利の音を妨げることなく、防犯性を高めることができます。いかにして、犯罪者を牽制するかによって、空き巣を未然に防げるかは変わってきます。そのため、ただ敷けば安心というわけではなく正しく敷く必要があるのです。また、ある程度、高さを出して敷き詰めると、砂利が逃げずにしっかりと音をだしてくれます。

住宅の安全を守る防犯対策

砂利

防犯をする方法には、防犯フィルムや防犯ブザーなどがありますが、センサーは人以外にも反応してしまうのが難点です。しかし、玉砂利であれば、野良猫などではほとんど音はしないことから効果的な防犯対策をすることができます。

防犯効果がある

玉砂利

玉砂利の上を人が歩くと、石と石がこすれ合って大きな音が出ます。玉砂利を敷くときには、注意すべき点があります。まず雑草を抜き、それから防草シートを設置することです。最後に、3〜5センチメートルの高さまで玉砂利を敷きます。