HOME SECURITY

砂利を敷き詰めて得られる効果とは|防犯対策に一役買う

防犯効果がある

玉砂利

効果を得るためのポイント

玉砂利とは、その上を人が歩くと、石と石がこすれ合って大きな音を出すように作られた砂利のことです。泥棒は侵入するとき誰にも気付かれたくないので、音の出るものを嫌がります。したがって、家の周りに玉砂利が敷き詰められていると、泥棒は侵入をためらいます。つまり、玉砂利には防犯効果があります。家の周り全てに敷くためには、大量の砂利を購入しなければならず、コストがかかりすぎます。泥棒の侵入経路を優先して敷き詰めましょう。ただし、玉砂利を敷く範囲が狭すぎると、泥棒に飛び越えられてしまいます。ジャンプしても飛び越えられないくらいの範囲に敷き詰めて下さい。十分な防犯効果を得るためには、玉砂利を敷く際、他にも守らなければならないポイントがあります。まず、雑草をしっかり抜かなければなりません。雑草が残ったままだと、石と石のこすれ合いを雑草が邪魔し、大きな音が鳴りにくくなってしまいます。音が小さければ、十分な防犯効果は得られません。次に、防草シートを敷きましょう。防草シートを敷くと、新たに雑草が生えてくるのを防いでくれます。玉砂利を敷いた後に雑草が生えてくると、砂利を取り除いてから再び雑草を抜かなければなりません。そのような事態を避けるために、防草シートは必須です。最後に、いよいよ玉砂利を敷き詰めます。その時、地面から3〜5センチメートルの高さまで敷くようにして下さい。3〜5センチメートルより低いと、人が踏みしめるうちに、玉砂利が横へ押し出され地面が露出してしまいます。人がよく歩く場所ほど地面が露出しやすいため、高く敷き詰めることが大切です。